1日1旅

岩壁に建てられたブリジゲッラの時計塔

周りはほとんど平坦(へいたん)なのに、切り立つ岩壁上に建てられた時計塔は、村でも存在感を放っていた。古びた時計盤は6時間制で針が一つしかない。古代の時計システムで、1日は夕暮れから始まり、24時間が6時間ごとの四つのサイクルに分割されていたようだ。慣れていないと正確な時間を見るにはわかりづらいが、150年以上も時を刻んでいると思うと、しみじみと時計を眺めてしまう。

(イタリア?ブリジゲッラ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家?葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家?坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

いい香りのするカンボジアの路地裏

一覧へ戻る

木の枝にキラキラ輝く折り紙 ナーン

RECOMMENDおすすめの記事

国产 日本 欧美 亚洲 日韩/亚洲手机在线人成视频/经典三级/人妻 熟女 有码 中文