[PR]

 脳梗塞(こうそく)を起こした直後に患者の脳の血管に小さな医療器具を入れて原因となっている血栓(血の塊)を取り除く「脳血栓回収療法」が進化している。発症から4時間半以内が治療可能とされる薬による治療に比べ、より長い時間が過ぎても対応できる。治療効果を高める取り組みも盛んになっている。

 川崎市内の会社員、高橋登さん(61)が体に異変を感じたのは、5月の連休最終日だった。翌日からの出勤に備えて早めに寝ようと、妻に「おやすみ」と声をかけると「顔つきが違う」と心配された。

 妻によると、一点を見つめ、左手が動かせなくなっていたが「大丈夫だ」としきりに話していたという。

 そのあたりから記憶があいまいだ。家族が呼んだ救急車で搬送中、救急隊員の口から「脳梗塞」という言葉を聞いたことを覚えている。ぼんやりした意識のなかで死を覚悟した。

 市内の聖マリアンナ医科大東横…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら