[PR]

 大分県でやかんの水にスポーツ飲料の粉を入れて飲んだ高齢者13人が急性食中毒と断定された。やかんに付着した水あかから溶け出した銅が原因だったという。何が起きたのか。

拡大する写真?図版変色したり、底に穴があいたりしたやかん(本文の食中毒とは関係ありません)

 食中毒が起きたのは、臼杵市の高齢者デイサービス施設。県によると、7月6日午前、水道水を沸騰させ、冷ました水を使ったスポーツ飲料を77~96歳の利用者に入浴後に提供したところ、吐き気や下痢を訴えたという。連絡を受けた保健所が調査したところ、飲料から1リットルあたり200ミリグラムの銅が検出された。

 やかんはステンレス製だったが、約10年使い、水あかが付着。内部には黒く変色した部分があったという。水道水に含まれる微量の銅が水あかとして蓄積し、酸性のスポーツ飲料と反応して溶け出したとみられている。

 「普通は考えられない」と、世…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら