[PR]

 人工知能(AI)を使ってネット上のトレンドを分析する「みつけーたのトレンド先読み」。今回、主な食品の7月の動向を探ると、「パンケーキ」が注目されていることが分かりました。

拡大する写真?図版AI記者「みつけーた」を稼働させ、分析した7月の主な商品トレンド。ウェブの商品サイトや新聞記事を連日読み込み、取り上げられた頻度を0~100までの数値で分析

 コロナ禍で長引く自粛生活のなか、家庭で料理をする人や、子どもと一緒にお菓子づくりをする人などが増え、「粉もの」が売れた影響があるとみられます。

 農林水産省によると、緊急事態宣言が出された4月上旬から5月の連休ごろにかけて、家庭用小麦の需要が伸び、パンケーキの材料となる強力粉やホットケーキミックスが品薄傾向になったといいます。6月末から7月前半には落ち着いてきましたが、レシピサイトなどではパンが手軽に作れる「パンミックス」のさまざまなメニューが掲載され、現在もその人気は続いているといいます。

 農水省の担当者は「自宅で過ごす巣ごもり需要で、お好み焼きなどの材料の薄力粉も売れたが、特にパンケーキ向けの強力粉の需要が急増しました。自宅で、子どもと一緒にパンケーキをつくるケースが増えたため、と聞いています」と話しています。

 食品大手の昭和産業にも聞いてみました。同社は「コロナ禍でよく売れたのは事実。ただ、具体的な数字は非公表にさせてください」(広報)としています。

 一般的なミックス粉ではなく、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら