[PR]

 香港民主派の「大物」として知られる地元紙創業者と著名な民主活動家が10日、国家安全維持法違反の疑いで逮捕された。同法は中国に批判的なメディアなどの動きを封じるのが狙いとされ、当局が法施行から1カ月余りで「本丸」の摘発に乗り出した形だ。今後、報道機関に萎縮の動きが広がる可能性がある。

 創業者の黎智英(ジミー?ライ)氏の逮捕を受け、リンゴ日報(電子版)は10日午前から、香港警察が約200人態勢で、香港郊外にある本社ビルを家宅捜索する様子をインターネットで生中継した。

 警察 「我々は編集部の中に入る。あなたたちはすぐに立ち去りなさい」

 リンゴ日報職員 「裁判所の捜査令状を提示してください」

国安法施行から1カ月あまり。民主派の象徴だった黎氏が逮捕されたことに、香港メディア界は衝撃を受けています。「自己検閲や萎縮の動き」の広がりが懸念されます。

 報道によると、警察は編集部に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら