[PR]

 新型コロナウイルスに88人が感染し、クラスター(感染者集団)が発生したとされる松江市の立正大淞南(しょうなん)高校で、8日に最初に感染が確認された男子生徒が発熱の症状が出た後、いったん平熱に下がったとして登校していたことが分かった。88人はサッカー部員86人と教員2人。朝日新聞の取材に10日、同校の上川慎二教頭がこたえた。

 10日夜、市は同部員以外の生徒や教職員計約200人のほか、一部サッカー部員を対象に再検査でPCR検査を実施した結果を発表。当初陰性だったサッカー部員と野球部員、陽性が確認されたサッカー部員の同居者の計3人の陽性が新たに確認されたという。検査結果の出ていない生徒は96人いるという。

 上川教頭によると、男子生徒は寮生で、5日夜の就寝前、38度台の発熱があったが翌朝平熱に下がったとして登校。約30人のクラスで授業を受けた。午後に体調不良を訴えて早退し、寮で療養したという。

 感染した生徒のうち約80人が寮生。寮は2人一部屋で共同風呂で、食堂は1カ所。上川教頭は「寮生活や遠征での感染症対策はとっていた」と説明している。

 同部は8月上旬、香川県や鳥取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら