[PR]

 サッカーのスペイン1部リーグ、ビリャレアルは10日、来季に向けてレアル?マドリードに所属するMF久保建英(たけふさ)(19)を1年契約の期限付き移籍で獲得したと発表した。ビリャレアルは今季5位で、来季は欧州リーグへの出場権も手にしている。監督はフランス1部パリ?サンジェルマンなどを過去に率いたウナイ?エメリ新監督。

 日本代表経験もある久保は今季、期限付き移籍したマジョルカで公式戦35試合に出場し4ゴール4アシストをマーク。ただ、レアル?マドリードは3季ぶりで史上最多を更新する34度目の優勝を果たすなど選手層は厚く、出場時間の確保とさらなる成長を促すための期限付き移籍となった。

 欧州でも久保への関心は高く、地元メディアなどの報道では20チームほどが興味を持っていたと指摘されてきた。海外クラブではフランス1部パリ?サンジェルマンやイタリア1部のACミランなどの名前も報じられていた。

 ビリャレアルは今季リーグ3位のチーム63得点と攻撃陣が特に機能した。ただ、11ゴール、9アシストを挙げたMFサンティ?カソルラが移籍し、その穴をどう埋められるかが課題。足元の技術が高く、積極的なドリブルでチャンスをつくれる久保への期待は高そうだ。(ロンドン=遠田寛生)